ここから本文です

テニミュなど出演のヨウスケ・クロフォードさん、芸能界を引退していたことを報告

ねとらぼ 7月23日(土)14時13分配信

 「テニスの王子様」ミュージカルなどに出演していたヨウスケ・クロフォードさんが、2014年2月に所属事務所の倒産を受けて芸能界を引退していたことを自身のTwitterで明らかにした。

【アトリエ・ダンカン破産】

 「長い間、はっきりと公言する事なくお待たせして申し訳ありませんでした」と前置きし、所属事務所アトリエ・ダンカンの倒産に伴って芸能界を引退したこと、今は会社員であることを報告した。クロフォードさんは「テニスの王子様」ミュージカル(当時の芸名は「Luke.C」)、ミュージカル「黒執事」などに出演していた。

 今後ヨウスケ・クロフォードとして俳優活動は行わないが、いつかエンタメ産業に裏方として携われたらと思っているとも語り、応援してくれたファンや関係者への感謝を述べている。

 アトリエ・ダンカンは木の実ナナさんや尾藤イサオさんなど29人が所属していた。

最終更新:7月23日(土)14時13分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。