ここから本文です

大日本・関本 “殺人魚雷コンビ”目指す!

東スポWeb 7月23日(土)16時32分配信

 和製“殺人魚雷”になる。大日本プロレスの世界タッグ王者・関本大介(35)が22日、下半期の目標に長期政権樹立を掲げた。

 関本は年間最大興行となる24日の両国国技館大会の、河上隆一(27)の復帰戦で相手を務める。「左膝前十字靱帯損傷」のため昨年11月から欠場していた河上は、約8か月ぶりの復帰戦だ。「もともと体(180センチ、100キロ)がパンパンだったのに、ふた回りほど大きくなっている。あの肉体には恐怖を感じますね…」と関本は警戒心を強めた。

 しかも23日には全日本プロレス博多大会で前王者のゼウス(34)、ボディガー(48)組と初防衛戦を行う。「いきなり強敵ですが、可能な限り防衛を続けたい。チャンピオンのまま『世界最強タッグ決定リーグ戦』に乗り込めれば最高」

 今春の「チャンピオン・カーニバル」では悲願の初優勝を果たし、6月には岡林裕二(33)とのコンビで世界タッグ奪取。最強タッグも制すれば全日マットで残るは3冠王座のみだ。わずか1年で“王道グランドスラム”達成の夢も見えてくる。

「外敵王者だし“殺人魚雷コンビ”(テリー・ゴディ、スティーブ・ウィリアムス)を目指したい。僕はウィリアムスに憧れていたので殺人医師、岡林が人間魚雷ですかね」と不敵な笑みを浮かべた関本。「歴史と重みのあるベルト。永遠に手放すつもりはない」。夏のビッグマッチから怪力男が、エンジンを再燃させる。

最終更新:7月23日(土)17時26分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。