ここから本文です

報徳の中本がノーヒット・ノーラン寸前の快投

デイリースポーツ 7月23日(土)11時48分配信

 「高校野球兵庫大会・5回戦 報徳学園3-0東播磨」(23日、ほっともっとフィールド神戸)

 報徳学園が完封で東播磨を下し、8強進出を決めた。先発した中本光紀投手(3年)が、7回までノーヒット・ノーランの快投。八回に惜しくもバント内野安打で快挙は逃したが、相手打線を寄せ付けなかった。

 立ち上がりから最速144キロを計測した直球を主体に、アウトをつみかさねた。奪った三振は計10個。八回先頭打者が仕掛けたセフティーバントが投手の頭上を越え、二塁手の前にポトリ。懸命に処理しようとしたが、惜しくも間に合わなかった。

 それでも中本は動揺せず、1死一、二塁から連続三振でピンチを脱出した。終盤は右足がつったようなしぐさを見せながらも、先発としての役割を十分に果たした右腕。最終回はドラフト候補のエース・主島大虎投手(3年)が、3人でピシャリと締めた。

最終更新:7月23日(土)15時14分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。