ここから本文です

早実・清宮、第2打席はシフトを破る二塁打

デイリースポーツ 7月23日(土)12時21分配信

 「高校野球西東京大会・準々決勝、八王子学園八王子-早実」(23日、神宮球場)

 昨年夏の甲子園で4強入りした早実のスラッガー、清宮幸太郎(2年)が第2打席で清宮シフトを破る二塁打を放った。

 1死二塁で打席に入ったが、二塁走者の金子が盗塁に失敗。走者がいなくなった時点で、内外野とも右方向に守備位置を変える“清宮シフト”を敷いた。

 しかし、清宮はコンパクトにスイングすると、打球は右方向へ。右中間にいたセンターと、深い守備位置を取っていたライトの間を抜き打球はフェンスまで転がった。

 先制点のチャンスとなったが、後が続かず無得点に終わった。

 初回1死二塁で迎えた清宮の第1打席はストレートの四球だった。

 清宮の今大会、5回戦までの打撃成績は以下の通り。()内は打点。

 ▽2回戦・啓明学園戦 四球、本塁打(1)、四球

 ▽3回戦・秋留台戦 適時二塁打(1)、本塁打(1)、右飛、適時三塁打(1)、四球

 ▽4回戦・明治戦 四球、死球、中飛、適時二塁打(1)、一ゴロ

 ▽5回戦・国士舘戦 死球、本塁打(2)、中飛、四球

 ▽合計 10打数6安打7打点3本塁打

最終更新:7月23日(土)12時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報