ここから本文です

ポケモンGOで「モンスターボールを正確に投げる」ためのケースが作られる 3Dプリンタ用のデータも公開

ねとらぼ 7月23日(土)18時4分配信

 3Dプリント作品のコミュニティサイトMyMiniFactoryで、「ポケモンGO」でモンスターボールをうまく投げるためのスマホケースが公開されています。

【モンスターボールを投げる様子】

 装着すると、スマホ画面の真ん中に指をまっすぐ上に滑らせるためのレールができるため、それに沿ってモンスターボールを投げることが可能になります。ポケモンGO専用すぎる……!

 現れたポケモンを捕まえるためのモンスターボール。「ポケモンGO」では、スマホの画面をスワイプ(フリック)してボールを投げ、うまくポケモンに当てる必要がありますが、曲がったりしてなかなか当たらない場合が多いです。このケースの使用例では、“ARモードをオフ”にすることで出現したポケモンを強制的に真ん中に移動。そして初期位置のモンスターボールをまっすぐ投げることで、当たる確率を高めているようです。

 ケース自体のデザインも「モンスターボール」風になっていて、ポケモンへの愛が感じられる仕様となっています。画面下の左右に操作できるよう穴が空いているのもポイントでしょう。

 このケースを3Dプリンタで出力するためのデータ(iPhone 6のみ)は無料公開されていて、同サイトでダウンロードできます。プレイしていてポケモンに当たらず困った際は試してみるのもいいかもしれません。

最終更新:7月23日(土)18時4分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]