ここから本文です

兒玉遙 初写真集「ロックオン」は「音楽のロックとか鍵をかけるとか…」

東スポWeb 7月23日(土)20時1分配信

 HKT48・AKB48兼任の兒玉遥(19)が23日、福家書店・新宿サブナード店でファースト写真集「ロックオン」の発売記念イベントを開催した。

 兒玉は写真集の見どころについて「メロンヒップと自信のある鎖骨を見てもらいたい」とにっこり。撮影はグアムで3日間かけて行われ、プールやショッピングではしゃぐ姿から、白い水着に身を包み、大人の色気を感じさせる姿が収められた。

“準備”にも余念がなかった。食事制限やストレッチをはじめ、先輩の指原莉乃(23)が通って効果があったとされるおっぱいマッサージを試そうとしたものの、高くて断念。代わりに「本を読んで試しました」と地道にバストアップに励んだことを告白した。

 今年の選抜総選挙では9位と大躍進。次世代のホープと期待される。一方で天然ボケでも知られ、この日もタイトルの「ロックオン」の意味を聞かれ、本来は狙った獲物を離さないといった意味だが「音楽のロックするとか、鍵をかけるといった意味ですよね」と答えるなど、珍回答で会場を和ませた。

最終更新:7月23日(土)20時7分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。