ここから本文です

うちの猫をInstagramで人気者にしたい! プロカメラマンが教える簡単「ニャンスタグラム」テクニック公開

ねとらぼ 7月23日(土)21時21分配信

 「うちの猫をもっとかわいく撮影したい。なんならInstagramでスター猫にしたい」――!

【まきゃべりを見つづけているからこそ撮影できる瞬間】

 愛猫家なら誰しも思うこと。そんな願望をかなえるための本「猫と楽しむニャンスタグラムのすすめ」が7月22日に発売されました。

 早速ファッション誌のカメラマンとしても活躍している著者の浜村菜月さんに、猫をよりかわいく撮影できるテクニックを聞いてきました。


●1:いつもと違う視線で撮影する

 猫写真はどんな角度でもかわいいですが、気付けばいつも同じ構図になってしまいがちですよね。まずは少しの工夫でできる構図作りのテクニックをご紹介。

 座ったり寝そべったりしている猫を撮影する際、ゆっくり近づいて上から撮影することが多くなります。どの写真も代わり映えしないなぁと感じたら手元のスマートフォンを逆さに持ってみましょう。すると猫を下から見上げることになるため、いつもと違う写真が出来上がります。


●2:奥行きを意識したボケ感でプロっぽい写真に

 次は「ぼかし」です。スマートフォンを使用した撮影でも、被写体と背景の位置を工夫するだけで、一眼レフカメラ同様にしっかりぼかしが効いた写真になります。とにかく被写体と背景に設置された対象物との距離を遠くすることが大事です。


●3:お手製グッズでオリジナリティーを演出

 そのままの姿を撮影してももちろんかわいいけれど、より個性を出すならオリジナルグッズがオススメとのこと。ペットショップでグッズも売っていますが、ちょっとした工夫で簡単にオリジナルグッズが作れるので試してみましょう。

 浜村さん宅にはオリジナルグッズや猫を引き付けるためのアイテムがずらり。書籍の撮影では、クリア下敷きに目やイラストを描いて使ったんだとか。


●4:一番大事なのはタイミング! 後は加工でどうとでもなる

 猫のかわいいしぐさは突然やってきます。今だ!! と思って撮影しても、撮ってみたらダサくなってしまったり……。ですが、浜村さんによると「スマホの良さは後で簡単に写真の編集ができること。まずは撮影する瞬間を大事にしましょう」とのこと。

 Instagramでは猫の投稿が非常に多いので、印象に残らないとどんどん流れていきます。

 大事なのは一番見てもらいたい猫がかわいく、そして分かりやすく写る画像にすることです。そのため、トリミングで猫以外の要素をカットし目に入る情報量を少なくしましょう。その上で、光量、色味を調整して猫がくっきりと目立つように加工していきます。


●5:ネコまとめハッシュタグでみんなに見てもらう

 最後はInstagramで愛猫をより多くの人に見てもらうためのハッシュタグです。Instagramでは投稿するカテゴリーに合わせて「#(ハッシュタグ)」を付ける文化がありますが猫のハッシュタグも多数存在しています。ただ、「#cat」などは投稿数も多く、流れていくスピードが早いためあまりオススメではないとのこと。

 浜村さんがオススメしているのは、猫の種類(特徴)のハッシュタグ。マンチカンのまきゃべりの場合は「#マンチカン」「#Munchkin」など付けています。猫好きは種類ごとに熱心なファンもいるため興味を持ってもらいやすくなるとか。次に猫まとめアカウントのハッシュタグも付けてみましょう。「#ふわもこ部」「#catsofinstagram」「#meowbox」などのハッシュタグは定期的に投稿された猫をピックアップし、サイトで紹介してくれます。


●一番は「愛猫と一緒に楽しみながら撮影すること」

 最後に、愛猫を撮影する心構えを浜村さんに聞いてみました。

―― ファッション誌のカメラマンとしても活動されていますが、猫を撮影する際に特に気をかけていることはありますか?

浜村さん 書籍には、まきゃべりの日常の写真や作り込んだ写真など、いろんな写真が載っていますが、どちらかというと私は猫ならではのしぐさや行動を大事にしたいなと思っています。なので、自分のInstagramにはまきゃべりの日常写真を投稿していて、普段はできるだけ「今だ!!」という瞬間を逃さないよう気を付けています。猫のドキュメンタリー写真を撮っている感じに近いかもしれません。

―― 瞬間を逃さないって難しいですよね。

浜村さん そうですね。猫は赤ちゃんと同じで思ったように動いてはくれないし、猫のテンションが上がらない時はスタンバイ時間だと思って根気よく待つしかないです。

―― それでもなんとかかわいい写真をタイミングよく撮りたいんです……。

浜村さん 全て猫様に委ねて受け入れるしかないです(笑)。あとは猫時間をきちんと把握しておくと撮影しやすくなるかもしれません。猫が何時ごろに起きて、ご飯を食べて、遊んで、昼寝をしているのかを観察してみてください。そうすると自然と猫の行動パターンが見えてきます。ちなみに眠いときは結構されるがままに言うことを聞いてくれたりしますよ。

―― 最後に愛猫家のみなさんへ練習方法を教えてください。

浜村さん 猫を観察して撮り続けることで腕は上がっていくと思います! でも、ニャンスタ本を出しておきながら言うのもなんですが、Instagramのフォロー増減で一喜一憂するよりも、愛猫と一緒に楽しみながら撮影することが一番だと思っています!

最終更新:7月23日(土)21時21分

ねとらぼ