ここから本文です

早実・清宮、第4打席は二飛

デイリースポーツ 7月23日(土)14時6分配信

 「高校野球西東京大会・準々決勝、八王子学園八王子-早実」(23日、神宮球場)

 昨年夏の甲子園で4強入りした早実のスラッガー、清宮幸太郎(2年)が第4打席は二飛に終わった。

 2-6と4点を追う七回、2死走者なしで打席に入った。相手守備は、内野は一塁手と二塁手が外野近くまで下がり、外野もレフトが左中間、センターが右中間、ライトが右翼ポール際の深い位置を守る清宮シフトを敷いた。打球はふらふらとライトに上がったが、最終的には二塁手がキャッチ。二飛に終わった。

 初回1死二塁で迎えた清宮の第1打席はストレートの四球だった。三回の第2打席は右中間を破る二塁打。五回は2死一塁の場面で捕手がはっきりと外に構える形での四球だった。

 清宮の今大会、5回戦までの打撃成績は以下の通り。()内は打点。

 ▽2回戦・啓明学園戦 四球、本塁打(1)、四球

 ▽3回戦・秋留台戦 適時二塁打(1)、本塁打(1)、右飛、適時三塁打(1)、四球

 ▽4回戦・明治戦 四球、死球、中飛、適時二塁打(1)、一ゴロ

 ▽5回戦・国士舘戦 死球、本塁打(2)、中飛、四球

 ▽合計 10打数6安打7打点3本塁打

最終更新:7月23日(土)14時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]