ここから本文です

近江が4強入り プロ注目右腕・京山が完封 10球団が熱視線

デイリースポーツ 7月23日(土)16時2分配信

 「高校野球滋賀大会・準々決勝、近江2-0伊吹」(23日、皇子山)

 近江が2年連続の4強入り。プロ注目右腕、京山将弥投手(3年)が6安打で完封した。自己最速に並ぶ145キロ速球とスライダー、カーブ、カットボールなど多彩な変化球を低めに制球。走者を出しても併殺できっちり打ちとり、傷口を広げなかった。

 継投した1回戦以来の登板となった背番号1は「相手打線がしっかり振ってきて安打は多かったが、仲間のかけ声が力になった」と笑顔を咲かせた。180センチ、70キロと細身の体だが、安定感は抜群。その潜在能力にプロも熱視線を送っており、この日も阪神、楽天など10球団が視察した。

 準決勝(25日)は昨秋、今春と敗れたセンバツ出場校の滋賀学園と対戦する。「2回負けて三度目の正直」と京山。多賀章仁監督も「挑戦者の気持ちが何より大事」と手綱を締めていた。

最終更新:7月23日(土)16時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。