ここから本文です

鬼沢信子、レジェンズツアー初出場で優勝「今年の目標だった」

デイリースポーツ 7月23日(土)16時12分配信

 「女子シニアゴルフ・レジェンズ選手権アイザック杯・最終日」(23日、小杉CC=パー72)

 鬼沢信子(46)=フリー=がこの日イーブンパー、通算6アンダーでラウンドし、レジェンズツアー(女子シニアツアー)初出場で公式戦を制覇、優勝賞金270万円を獲得した。2位は2打差で鈴木佳恵(44)=東名古屋CC、3位に通算1アンダーの斉藤裕子(48)=フリー=が続いた。

 鬼沢は5番でボギーをたたき、そこまで3バーディーの鈴木に一度は逆転されたが「まだ序盤。私の(追い風となる)順番が来ると、気持ちは穏やかでした」と、落ち着いてプレーを続けた。

 7番で再逆転して以降、終盤は暑さと疲れでスコアを落としながらも最終的には2打差と危なげない勝利。これでレギュラーツアー、下部のステップアップツアーに続いての“3部門制覇”に「今年の目標だった」と笑顔を見せた。

 今季4試合が予定されるレジェンズツアー。残り3試合に、鬼沢は「全部制覇したい気持ちはある」と、新たな目標を設定した。

最終更新:7月23日(土)16時19分

デイリースポーツ