ここから本文です

清宮「西東京大会の難しさを痛感させられた」【一問一答要旨(上)】

デイリースポーツ 7月23日(土)16時37分配信

 「高校野球西東京大会・準々決勝、八王子学園八王子6-4早実」(23日、神宮球場)

【写真】マウンドに集まる清宮ら早大ナイン

 昨年夏の甲子園で4強入りした早実が準々決勝で敗退し、注目のスラッガー、清宮幸太郎内野手の2年の夏が終わった。試合後は3年生たちを甲子園に連れていけなかったことや、得点機での第5打席で犠飛による1点どまりだったことを悔やんだ。以下、一問一答の要旨。

 -心境を。

 「上級生の皆さんともう(野球を)できないのが悔しいです」

 -今大会の打撃を振り返って。

 「最後に打てなかったので、まだまだです」

 -九回は本塁打で同点という場面だった。

 「打つとか狙っているわけではなく、次につなげようと思って打席に入ったんですけど。ミスっちゃったなと。こすっちゃいました」

 -チームメートと話は。

 「(3年生で主将の)金子さんとかからは次、頑張れよと言ってもらったので…。この負けがいつか、必要な負けだったと。自分にとって必要な経験だったと言えるような野球人生をこれからも送っていきたいです」

 -次、甲子園に行くことで恩返しに。

 「今はまだちょっと…。上級生の皆さんに本当に申し訳ないなと。このメンバーで行きたかったので。だけど自分が恩返しできるとするならば、来年また西東京大会を勝ち抜いて甲子園に出ることだと思うので、絶対忘れずに戻ってきたいと思います」

 -足りないものがあるとすれば何か。

 「チャンスで、ここぞというところでの1本がなかなか出ないところだと思います。そこでもっと気合を入れて違う風に臨んでいれば、また違う結果だったかもしれない。また絶対、こういう場面が自分の野球人生で来ると思う」

 -甲子園への思いは。

 「やっぱり、西東京大会を勝ち抜くのが難しいと思っているので。去年は負け知らずで甲子園まで行って。難しかったですけど、今年、あらためてこの大会の難しさを痛感させられた。甲子園はほど遠い場所だなと」

最終更新:7月23日(土)16時57分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。