ここから本文です

日本ハムが5連勝 七回にディクソン攻略し一挙6点

デイリースポーツ 7月23日(土)17時2分配信

 「日本ハム6-3オリックス」(23日、札幌ドーム)

 日本ハムが逆転勝ちで連勝を5に伸ばし、9カード連続で勝ち越しとした。0-2の七回、オリックス先発・ディクソンを一気に攻略した。

 七回は2安打と四球などで1死満塁とすると、代打・矢野が押し出し四球を選んで1点差。続く大野が左中間へ走者一掃の二塁打を放って逆転に成功した。さらに、代わった海田から中島が右中間適時三塁打、3番手の赤間から陽岱鋼が左前適時打を放ち、この回一挙6点を奪って試合を決めた。

 先発の高梨は七回途中まで投げて2失点。2番手でマウンドに上がった鍵谷が今季初勝利を挙げた。八回はバースが1点を失ったが、九回はマーティンが無失点投球で13セーブ目を挙げた。

 お立ち台に立った鍵谷は「高梨が粘っていたんで、何とか抑えて次のピッチャーにつなぐことを考えていた」と振り返った。母校の北海高が夏の甲子園出場を決め、「試合も見ていましたし、甲子園決まって僕も刺激になったので、一緒に頑張っていければなと思っています」と気持ちを新たにした。

 決勝打を放った大野は今季、満塁の場面で5打数4安打、10打点となった。満塁での強さの秘けつを聞かれて「できすぎだと思いますけど、毎日玄米を食べているので、玄米かなと思っています」と、笑いを誘った。

 オリックスは3連敗。先発のディクソンが六回まで2安打無失点と好投していたが、七回に突如崩れ、7敗目(7勝)を喫した。

最終更新:7月23日(土)17時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]