ここから本文です

町民から賛成意見 中間貯蔵の双葉町有地提供

福島民報 7月23日(土)18時19分配信

 福島県双葉町は22日、福島県いわき市の勿来市民会館で中間貯蔵施設建設予定地内の町有地提供について意見を聞く町民会議を開いた。出席者からは、提供に賛成する意見が相次いだ。
 自治会や商工会などの代表約40人が出席した。伊沢史朗町長があいさつし、これまでの経緯などを説明した。環境省が町有地には福島県内の学校施設などに保管されている除染土壌を運び込む方針であることを踏まえ、「町の子どもも県内(各地)の学校に通っている。急いで(運び込みを)進めてほしい」「早く(この問題を)解決して復興が進むことを祈っている」などとする声が上がった。「使用期限を明確にすべき」との指摘もあった。
 町は町民会議と29日に開く行政区長会議での意見を基に方針を決め、8月上旬にも町議会に諮って対応を決める。

福島民報社

最終更新:7月23日(土)18時42分

福島民報