ここから本文です

日馬富士2敗守る、3敗対決は稀勢の里が白鵬に逆転勝ち

デイリースポーツ 7月23日(土)18時3分配信

 「大相撲名古屋場所・14日目」(23日、愛知県体育館)

 横綱日馬富士(伊勢ケ浜)が大関豪栄道(境川)を上手投げで破り、単独トップの2敗(12勝)を守った。

 1度目の立ち合いは不成立。2度目の立ち合いから右四つとなり、日馬富士が上手を取った。豪栄道も必死に耐えるが体勢は変わらず、日馬富士が豪快な投げを打った。

 3敗同士の結びの一番は、大関稀勢の里(田子ノ浦)が横綱白鵬(宮城野)を突き落としで破り、11勝目(3敗)を挙げた。白鵬は4敗(10勝)となり、優勝争いから脱落した。

 この取り組みも1度目の立ち合いは不成立。2度目の立ち合いは白鵬が先に押し込んだが、土俵際で稀勢の里が逆転の突き落としを見せ、優勝争いに踏みとどまった。

 前頭10枚目の貴ノ岩(貴乃花)は同2枚目の宝富士(伊勢ケ浜)を突き出しで破り、3敗(11勝)を守った。

 千秋楽は日馬富士が白鵬との横綱対決。勝てば4場所ぶり8度目の優勝が決まる。負ければ12勝で並ぶ可能性があり、優勝決定戦となる。

最終更新:7月23日(土)20時21分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]