ここから本文です

広島・黒田、無失点スタート ファンの声援背にピンチ脱する

デイリースポーツ 7月23日(土)18時28分配信

 「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

 日米通算200勝に王手をかけている広島・黒田博樹投手(41)が先発し、初回を無失点でスタートを切った。

【写真】鯉党 ボードを掲げて黒田を応援

 一塁ベンチからゆっくりマウンドに向かうと、試合開始前から超満員に膨れあがった球場全体から「黒田、頑張れ」-の大合唱。土曜日ということもあって、午前中から球場周辺は人だかりができていた。通路にも人があふれ返る中、名前がコールされると、15番の背中には大歓声が送られた。

 先頭の緒方に中前打を浴び、その後1死二塁と得点圏に走者を背負った。だが、3番・高山を内角のボールゾーンから、ストライクゾーンに入ってくる通称「フロントドア」で空振り三振に。続く福留は四球で歩かせたが、ゴメスには強気の内角攻めで、バットを折る遊ゴロでピンチを脱した。

 初回から持ち前の投球術が光る23球。最速147キロと上々のスタートを切った。阪神戦は球団別の勝利数でトップの23。今季4試合目の登板で1勝0敗(防御率1・59)、昨年は4勝0敗(防御率2・40)と、日本球界復帰後は負けなしの虎キラーだ。

最終更新:7月23日(土)18時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]