ここから本文です

八王子学園八王子、驚きの清宮シフト 本人は冷静「気になりませんでした」

デイリースポーツ 7月23日(土)18時34分配信

 「高校野球西東京大会・準々決勝、八王子学園八王子6-4早実」(23日、神宮球場)

【写真】早実戦に先発した早乙女

 昨年夏の甲子園で4強入りした早実を八王子学園八王子が破り、準決勝に進出した。注目のスラッガー、清宮幸太郎内野手(2年)を封じるために八王子学園八王子がとった作戦の一つが“清宮シフト”。左翼手が左中間からセンター寄りに、中堅手は右中間へ、右翼手はポール際の深い位置を守り清宮の強い打球に対応した。

 清宮シフトは内野でもとられた。遊撃手は二塁ベース近くまで動き、二塁手と一塁手は内野の走路より後ろに下がり、外野の人工芝部分に位置取りした。極端に偏った守備陣形に、ネット上には観客が投稿したと見られる多くの試合画像がアップされ話題になった。

 清宮自身は相手の守備陣形は「気になりませんでした」と振り返っている。「動きが変わったのは分かりました」と、いつもと違うことは認識しつつも、いつも通りの打撃を心がけたという。

 三回には、ライト寄りに偏った守備を破る右中間への二塁打を放った。だが、七回にはライトの定位置近くで二塁手が捕球する二飛。九回、1死一、三塁の一発が出れば同点というチャンスでは、右翼への犠飛に終わった。

 八王子学園八王子の安藤徳明監督は、5回戦終了後に「清宮君をいかに歩かせるのではなく、打ち取るか」と話していた。「レフト方向に打っているのがほとんどないので、(シフトを)敷いた。初めてやってみました」と作戦を振り返った。

最終更新:7月23日(土)20時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)