ここから本文です

黒柳徹子「トットちゃん広場」で涙 巨泉さんらが先立つも「元気に仕事を」

デイリースポーツ 7月23日(土)19時5分配信

 女優の黒柳徹子(82)が23日、長野県北安曇郡松川村の安曇野ちひろ公園で、自伝的ベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」に登場するトモエ学園を再現した「トットちゃん広場」オープン記念イベントに出席した。今月7日の永六輔さん、12日の大橋巨泉さんと仲間の訃報が続く中、少女時代の思い出に触れ感涙。松川村名誉村民章も授与された“82歳のトットちゃん”は「元気に仕事をやっていこうと思います」と悲しみを越え前を向いた。

 童心に返った“トットちゃん”に笑顔が戻った。

 2月4日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で鼎談(ていだん)した永さん、巨泉さんと相次いでお別れとなった黒柳はこの日、著書「窓ぎわのトットちゃん」の表紙絵を描いた絵本画家の故いわさきちひろさんの作品を展示した美術館がある安曇野ちひろ公園内に開場した「トットちゃん広場」を歩いて回った。

 再現された「電車の教室」に入り、車両の窓からチンドン屋を呼ぶなど当時の思い出をよみがえらせながら地元の子供らと楽しみを共有した。

 いわさきちひろ記念事業団理事長を務める山田洋次監督(84)から「絶対泣くと思った」と言われた黒柳は、「昔の気分になった。涙が出ました。生きている間に自分の昔がよみがえる。私はラッキー」と感涙したことを明かした。

 黒柳は「すごく仲のいい友達が何人か亡くなったりして、悲しいことがあったんですけど、これからも元気に仕事をやっていこうと思います」と気合を入れた。

最終更新:7月23日(土)20時33分

デイリースポーツ