ここから本文です

黒田の原動力となった広島愛「広島に帰ってきてよかった」

デイリースポーツ 7月23日(土)21時34分配信

 「広島7-0阪神」(23日、マツダスタジアム)

 広島の黒田博樹投手(41)が23日、マツダスタジアムで行われた阪神17回戦に先発し、7回5安打無失点の好投で今季7勝目を挙げ、日米通算200勝を達成した。メジャーで79勝、日本で121勝。日米通算での到達は2005年の野茂英雄以来2人目。阪神を相手に20年目で偉業となった。セレモニーでは「最高のチームメートと、最高のファンの前で、最高のマツダスタジアムで、こうして節目の勝利を挙げられて、自分自身、感動しています」と、実感を口にした。

【写真】偉業達成の黒田 広島ナインのTシャツには…

 41歳での快挙達成。達成前には「本当に今まで199勝も積み上げて来られたのかな、と。現時点では、よくここまで来られたなと、客観的に思います」と語っていた。199勝で王手をかけてから、3度目の登板。過去2度は、打線の援護がなかったこともあり足踏みした。「個人的なことで、まわりの選手に余計な気を使わせて申し訳ない。次のゲームに勝って、通過点だと思うのでね。その後にみんなでそれ以上の大きな目標があるので、それに向かってやっていければいいと思います」と話していた。

 「広島という小さな街ですが、僕を待ってくれている人がいる」と、8年ぶりの電撃復帰したのが昨年。広島のユニホームを着ての偉業に「自分の中では帰ってきて良かったなと、現時点でも思っています」と言う。41歳。右肩や首に慢性的な痛みを抱え、万全な状態でマウントに立つことはない。原動力はまだ見ぬ優勝と、球団、ファンへの思い。黒田を温かく見守る存在が、背中を支える。

 「去年から広島に帰ってきて、もう一踏ん張り二踏ん張りできた。これがアメリカだったら、ここまで気持ち的にも強くなれたかは自分でも分からない。そういう意味でも、もう一度野球に対して、熱くできる環境。ファンの方もすごくたくさん、球場にも来てもらえるので。そういう中で野球ができる、すごく幸せな環境に置かれていると思います」

 勝負の世界に、たら、ればは存在しない。だが、アメリカでは、他球団では、なし得なかったのかも知れない。我がことのように喜ぶ新井の姿がある。勝利を届けたいと、懸命のリードで石原が支えた。本拠地マツダスタジアムに詰め掛けたファンは、声を枯らす大声援で後押しを続けた。マウンドに立つ黒田は、決して1人ではなかった。広島球団、カープファン、信頼する仲間と手にした偉業だった。

最終更新:7月23日(土)21時48分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]