ここから本文です

楽天が延長12回サヨナラ勝ち、満塁から藤田の投ゴロがエラー呼ぶ

デイリースポーツ 7月23日(土)21時53分配信

 「楽天6-5ロッテ」(23日、コボスタ宮城)

 楽天がサヨナラ勝ちし、連敗を3で止めた。5-5の延長十二回1死満塁から藤田の投ゴロをロッテの8番手・松永がジャッグルする間に三塁走者が生還した。

 初回はウィーラーの左越え18号ソロで1点を先制。1-1の二回は2死一、三塁から三好のプロ初本塁打となる左越え1号3ランで3点を追加。三回はウィーラーの2打席連続となる左越え19号ソロを放った。

 先発・辛島は6回6安打2失点。十二回表を抑えた6番手・金刃が3勝目を挙げた。

 お立ち台にはプロ初本塁打の三好と勝利投手の金刃が上がった。三好は「これからも(アピールに向けて)しっかり守って、いいところで1本打てるような選手になりたいです」と話し、金刃は「あまり熱の込もった投球じゃなかったが、きょうは(以前のように)1球(勝利)じゃなかったので、せこくはなかったと思います」とジョークを交えて喜びを表した。

 ロッテは連勝が2で止まった。0-1の二回2死一、三塁から田村の右前適時打で同点。1-5の四回は2死から鈴木、田村の連打と楽天・ウィーラーのエラーで1点。七回は2死満塁から角中の左前適時打とデスパイネの2点適時打で同点。先発・関谷は3回4安打5失点。

最終更新:7月23日(土)22時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]