ここから本文です

広島・黒田、200勝も通過点「199勝もあまり変わらない」

デイリースポーツ 7月23日(土)22時3分配信

 「広島7-0阪神」(23日、マツダスタジアム)

 広島の黒田博樹投手(41)が23日、マツダスタジアムで行われた阪神17回戦に先発し、7回5安打無失点の好投で今季7勝目を挙げ、日米通算200勝を達成した。メジャーで79勝、日本で121勝。日米通算で到達した日本投手は、2005年の野茂英雄以来2人目。阪神を相手に20年目で偉業となった。記者会見では「199勝も200勝も、僕の中ではあまり変わらない。1つの勝ちなんで。ただ、節目としては、ここまで来たんだなという気持ちにはなります」と、黒田らしくあくまで通過点であることを強調した。

【写真】「特製Tシャツ」に記された文字は…ファンの声援に応える黒田

 王手をかけてから、3試合目での達成。「たくさんプレッシャーをかけられてきたので、早く決めたいという気持ちでした」と振り返った。野茂以来の快挙となったが「偉大な投手に少しでも近づけたというのはうれしいことですし、まさかここまで来られるとは思っていなかったんで。実感がわかないというのが正直な気持ちです」と、心情を吐露した。

 プロ20年で積み重ねてきた200勝。それでも「1勝する大変さというのは身に染みて感じているので、200も勝てたのかという気持ちが強い。あんまり振り返ったことがないんで、ゆっくり野球人生が終わってから振り返りたいなと思います」と、感慨に浸ることはなかった。

 チームは25年ぶりの優勝に向かって突き進んでいる。「すんなり行くとは思っていないですし、苦しい戦いも続くと思うんですけど、今年のチームは僕が20年やってきた中でも、ベストのチームだと思いますし、レギュラーだけじゃなくベンチにいる選手も含めて、本当に素晴らしいチームメート。そのチームメートと最後は優勝したいなと思っています」と、大きな目標に目を向けた。

最終更新:7月24日(日)1時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。