ここから本文です

広島・黒田、亡き両親への思い語る「報告する人がいないというのはさみしい」

デイリースポーツ 7月23日(土)23時2分配信

 「広島7-0阪神」(23日、マツダスタジアム)

 広島・黒田博樹投手(41)が23日、マツダスタジアムで行われた阪神17回戦に先発し、7回5安打無失点の好投で今季7勝目を挙げ、日米通算200勝を達成した。メジャーで79勝、日本で121勝。日米通算での到達は2005年の野茂英雄以来2人目の快挙。記者会見では、亡き両親への思いを口にした。

【写真】日米通算200勝を達成 新井と笑顔

 200勝を誰に報告したいか、との質問に「報告ですか?もう分かってると思うんで、報告することはないと思うんですけど…」と苦笑。それでも「強いて言えば両親がね、もう亡くなっているんでね。まさか僕がここまで200も勝てるピッチャーになれるとは思っていなかったと思うんで、そういう部分では、報告する人がいないというのはさみしいかなと…」と、心情を吐露した。

 黒田の父・一博さんは1949年から南海で外野手としてプレーした元プロ野球選手。引退後には少年野球チーム「オール住之江」を設立し、自ら監督を務め、多くの選手を育てた。黒田もその一人だった。

 母・靖子さんが02年に亡くなり、07年8月には一博さんが肺がんで死去した。黒田は当時「余命半年と聞いていたのに、2年間も生きてくれてありがたかった」と感謝を口にしていた。天国の両親に贈る、日米通算200勝でもあった。

最終更新:7月23日(土)23時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報