ここから本文です

棚橋が開幕2連敗 オカダ初勝利 天山は2連勝

デイリースポーツ 7月24日(日)0時19分配信

 「プロレス・新日本」(23日、東京・町田市立総合体育館)

 シングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロックの2戦目が行われ、前年王者の棚橋弘至が開幕2連敗を喫した。真壁刀義に、負傷から回復途上の左肩を集中攻撃されて苦戦。ダルマ式原爆固めなどで反撃したが、最後は荒技の雪崩式原爆固めからのキングコングニーに沈んだ。

 インタビューでは左肩を押さえながら倒れ込んだ棚橋。苦痛に顔をゆがめながらも、「G1クライマックスは甘くない。大丈夫。あきらめないから。オレが大丈夫って言ったら全部大丈夫」と自分に言い聞かせた。

 一方の真壁は、出身地相模原市の隣にある町田市での試合で開幕2連勝を飾り、「故郷に錦を飾ったぜ、コノヤロー」と意気揚々。「さすがだよ。棚橋がケガ?あっぱれだよ。オレにやられるの分かってんだろ。みんな同じ条件。だけど、アイツは上がってきたろ。あっぱれだよ」と棚橋をたたえつつ、「開幕2連勝か。いまだかつてないな。こんなことなかったよ。今日は町田だろ。オレの知り合いのお母様方がオレに若い女子を用意してるらしいんだよ。これはもう行くしかないだろ」と、気持ちは“夜のG1”に向いていた。

 また、初戦黒星だったIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカはSANADAを苦戦の末に退けて初勝利。SANADAは1勝1敗。後藤洋央紀は石井智宏を下して2連勝。石井は2連敗。ノアの丸藤正道はバッドラック・ファレに敗れ、ともに1勝1敗。天山広吉はタマ・トンガを下して2連勝。トンガは2連敗となった。

最終更新:7月24日(日)0時39分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。