ここから本文です

7代目ミスヤングチャンピオン・竹本茉莉、ゲテモノ食いが特技「サソリの素揚げが好きです」

デビュー 7月23日(土)20時58分配信

 コミック誌『ヤングチャンピオン』が“究極のグラビアアイドルを生み出す”ことをテーマに第7回「ミスヤングチャンピオン」を開催。7代目のグランプリ6名のお披露目が22日、都内で開催された。その6人の一人に、芸能活動1年に満たない竹本茉莉(22)が選ばれた。

【写真】7代目ミスヤングチャンピオングランプリ・竹本茉莉の写真

 昨年10月から芸能活動をスタートして、芸歴1年にも満たない中でタイトルを獲得した竹本。「自分の名前を多くの人に知ってもらいたいと思って、『ミスヤングチャンピオン』にエントリーしました。サバイバルを戦っていくにつれて、グランプリになりたいという思いが強くなったので、今回受賞できてすごく嬉しいです! 1年間、これをスタートに頑張っていきたいと思います」と力強く挨拶した。

 身長160cm、B83W60H84のスタイルでグラビアで活動する一方、グラドルで結成したユニット「gra-DOLL(グラドール)に所属し、ライブ活動も行なっている。「ユニットにはグラビアの大先輩・浜田翔子さんがおられるんですけど、浜田さんはいつまでもビジュアルが変わらないというか、ずっと可愛いので、そういう人になりたいと思って憧れています」と語る。

 特技を聞かれると「なんでも食べられること」という竹本。「虫でもなんでも食べられます。虫のなかで好きなのはサソリ。素揚げにすると風味がエビっぽいんです。新宿にあるお店でテイクアウト出来るんですが、1パックで2~3千円して高級なので、あまり食べられないんですけど」と涼しい顔で語ると他のグランプリ5人は少しだけ引いていた。

 特技を活かして「ミステリーハンター」になりたいという竹本。グランプリ獲得の勢いを得て、今後の躍進に期待したい。

最終更新:7月23日(土)20時58分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。