ここから本文です

【NBA】ウォリアーズのD.グリーン、リオ五輪前に暴行事件決着

ISM 7月23日(土)13時47分配信

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが現地22日、騒音規制法違反により罰金560ドル(約6万円)を支払うことで、ミシガン州イーストランシングで告訴されていた脅迫及び暴行の軽犯罪容疑を免れることとなった。

 同市の弁護士デイビッド・マイヤー氏は、騒音違反は刑事責任を問われないため、有罪答弁は必要ないと説明。また、グリーンの弁護士は、騒音違反は駐車違反と同様の類いだと述べた。

 グリーンは、今月10日に母校であるミシガン州立大近くのレストランの外で、同校のアメフト選手の顔面を殴ったとして告訴された。警官がその現場を目撃しており、グリーンの弁護士は正当防衛だったと述べている。

 マイヤー氏によれば、グリーンは特別待遇を受けていないとのこと。同選手はミシガン州立大の元スター選手で、来月開催されるリオデジャネイロ五輪の米国代表メンバーに選ばれている。(STATS-AP)

最終更新:7月23日(土)13時47分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]