ここから本文です

【GOLF】下部優勝の勢いそのままに 22歳・時松がツアー初勝利に王手!

ISM 7月23日(土)14時52分配信

 国内男子ツアーのダンロップ・スリクソン福島オープンが23日、福島県のグランディ那須白河ゴルフクラブで第3ラウンドの競技を終了。1打差2位から出た22歳、時松隆光が9アンダー63で通算21アンダーとし、後続と5打差の単独首位で最終日を迎えることとなった。

 3週前のチャレンジツアー(下部ツアー)初優勝で今大会の出場権を手にした時松が、勢いそのままにレギュラーツアー初勝利へ王手をかけた。初日から「65-67」と伸ばして迎えた3日目、前半4番から2連続、7番から3連続とバーディラッシュを見せた時松は、折り返し後も12番から怒涛の5連続バーディを奪取。計10バーディを奪う一方でボギーは17番の1つに抑え、最終18ホールへ大きなリードを手にした。

 時松と5打差の2位タイは、昨年のファイナルQTで30位に入った岩本高志と前日首位のキム・ボンソプ(韓)。41歳のベテラン岩本は、時松、キムとの最終組を5アンダー67で回り、前日2打差3位から好位置をキープしている。以下、通算15アンダーの4位にドライビングディスタンス1位の飛ばし屋キム・チャン(米)。通算14アンダーの5位タイに藤田寛之、薗田峻輔、大堀裕次郎らが続いた。

 通算13アンダー12位タイに一昨季の賞金王・小田孔明や小田龍一、増田伸洋ら。横田真一、深堀圭一郎、川村昌弘が通算11アンダーの16位タイにつけた。そのほか、2013年覇者の小平智は通算8アンダー27位タイ。昨季王者プラヤド・マークセン(タイ)は通算7アンダー33位タイとなっている。

最終更新:7月23日(土)15時5分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]