ここから本文です

ポケモンGOに沸いた一週間。17,000円目前の日経平均に本格的な底入れ到来か

投信1 7月23日(土)12時20分配信

日経平均は力強さが継続。為替も円安・ドル高傾向へ

2016年7月22日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より182円976銭安の16,627円25銭となりました。2営業日ぶりの下落です。

21日に、日銀の黒田東彦総裁が、日銀が国債を買い財政資金を提供する「ヘリコプター・マネー」に否定的な見解を示したと伝えられたことから、海外投資家らに円を買い戻す動きが出ました。

外国為替相場で円相場が1ドル=105円台まで上昇したことで、輸出関連企業などが売られたほか、週末とあって、目先の利益を確定する動きも出ました。スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の配信が始まりましたが、22日に関しては、影響は一部の関連銘柄に限られました。

ただ、日経平均は7月15日までの一週間で1,300円以上も上昇しています。今週はその反動で調整が入るのではないかという見方もありましたが、実際には押しも若干にとどまりました。力強さを感じるところです。海外の相場も全般的にしっかりとした動きになっています。

気になる為替相場の動向については、今週は一時、1ドル=107円台前半をつけ、約1か月半ぶりの円安ドル高水準となりました。22日は105円台まで上昇しましたが、ニューヨーク外国為替市場で反落し、1ドル=106円ちょうど付近で終えています。このまま円安傾向が続けば、日本株もさらに押し上げられる可能性があります。

今後の展開はどうなるでしょうか。来週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が26・27日に開かれます。連邦準備制度理事会(FRB)では、英国の欧州連合(EU)離脱が米経済に影響するとして、利上げを当面見送る考えです。

日本では、28日・29日に日銀の金融政策決定会合が開かれます。前述したように、日銀の黒田総裁は「ヘリコプター・マネー」を否定しています。しかし、投資家の間にはそれでも何らかの追加緩和が実施されるのではないかと期待する声もあります。緩和が見送られるようなことになれば失望売りを招きやすいため、注意が必要です。

1/2ページ

最終更新:7月25日(月)11時25分

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]