ここから本文です

オリンピックも夢じゃなかった!?元アスリートなスター俳優たち

dmenu映画 7/23(土) 11:30配信

4年に1度のオリンピックがブラジルのリオデジャネイロで開催されますね。さまざまなジャンルのスポーツ選手がしのぎを削るわけですが、現在、俳優として活躍しているあのスターも実はオリンピックを狙えたかも!? な実力を持つスポーツマンなんです!

■あのナイスボディは伊達じゃない!

『トランスポーター』シリーズや『エクスペンダブルズ』のアクション俳優にして、“セクシーハゲ”としてもお馴染みのジェイソン・ステイサムは水泳の飛び込み競技の元選手。20代前半にイギリス代表チームに所属しており、世界選手権などに出場していました。BBCには当時の秘蔵映像が残っており、ふさふさの髪の毛にシックスパックの腹筋が見事なジェイソンの若かりし頃の姿が見られます。

■新マッチョスターのクリプラはレスリング選手

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『ジュラシック・ワールド』などのクリス・プラットは、以前はぽっちゃりチャビーな体型と三枚目的なキャラクターで愛されていたけれど、3kgダイエットしてマッチョな身体の“ホット”なスターの仲間入り。リブート版『インディー・ジョーンズ』の主人公にも抜擢されています。そんな彼は学生時代、10年以上、レスリングをしており、ワシントン州では上位選手として有名だったとか。さらにレスリングと平行してアメリカンフットボールではクォーターバックとして活躍していたというから、大柄な体格も納得です。

■アメフト経験者のベテラン&肉体派イケメン

アメフトと言えば、『逃亡者』のトミー・リー・ジョーンズもハーバード大学でアメフト選手(ポジションはオフェンシブガード)として大活躍。アイビー・リーグのアメフト最終戦は伝統的にハーバードVSイェールなのですが(日本で言うと早慶戦みたいなもの?)、トミー・リーは、残り1分を切って負けていたハーバードが逆転を収めた歴史的な一戦(1968年)に出場し、数々の賞をもらったそうな。ついでに『マジック・マイク』などで肉体美を誇るチャニング・テイタムもアメフトで奨学金をもらって大学に進学しているスポーツマンです。

1/2ページ

最終更新:7/23(土) 11:30

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]