ここから本文です

広島・野村にエースの自覚 自己最多タイ12勝目も勝ち星「全く考えてない」

Full-Count 7月23日(土)7時10分配信

万全ではない状態でのマウンドも「最低限、自分の仕事はできた」

 広島の野村祐輔が22日の阪神戦に先発し、6回1失点で自己シーズン最多タイとなる12勝目を挙げた。自身8連勝で、最多勝争いでは独走状態となりつつある右腕は、「勝つ投球が今はできている」と、力強く話した。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 緒方監督が「腰に張りがあったようだ」と試合後に明かしたように、前半戦最後の登板から中2日でオールスターに登板し、体調万全ではない状態でのマウンドだった。野村は「(体調面の不安は)ゼロではないけど、最低限、自分の仕事はできたと思う」と安堵した様子だったが、「どんな状態でも、自分のベストを尽くすことしか考えていない」とエースの自覚ものぞかせた。

 11勝を挙げた前半戦から、後半戦の再スタートの試合となったが、「これまでと何も変えていない。今まで通り」と、平常心を強調。1、2回と2イニング連続で先頭打者を出したが、失点は2本の二塁打を打たれた4回の1点のみにとどめた。野村は「ランナーを出しても、最少失点で粘れた。要所でインサイドをうまく使えたし、緩急も使えた」と、自身の投球を分析した。

 7月で早くもシーズン自己最多タイとなる12勝をマークしたが、「(勝ち数については)全く考えてない」と、冷静な表情を崩さなかった野村。過去2年間の不振から見事立ち直り、今やジョンソンと並んで左右の先発の軸となっている。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7月23日(土)8時18分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]