ここから本文です

[移籍]J2最多失点の北九州が大宮から188cmDFを獲得 富山在籍時はJ2残留に貢献

theWORLD(ザ・ワールド) 7/23(土) 9:10配信

北九州の救世主となれるか

ギラヴァンツ北九州は22日、大宮アルディージャからDF福田俊介が期限付き移籍で加入することを発表した。

現在30歳の福田は2009年に大宮アルディージャでプロのキャリアをスタート。2011年シーズン後半戦から1年半はカターレ富山に期限付き移籍で加入しており、主力選手として活躍。2013年シーズンに大宮に復帰してからは現在まで公式戦30試合に出場している。

再び期限付き移籍で大宮を去ることが決まった福田はクラブ公式サイトを通じて「大宮には必要だから残って欲しいと言っていただきましたが、選手の立場を理解して移籍を認めていただいた監督をはじめ、コーチやチーム関係者の皆さまには心から感謝しています」とコメント。「新しい地で活躍して、再び大好きな大宮アルディージャに必要だと言ってもらえるように精一杯頑張りたいと思います」と語った。

また福田は加入が決まった北九州のサポーターにも「ギラヴァンツ北九州のために全力で戦い、結果を残したいと思います」と挨拶。新天地での飛躍を誓った。北九州は現在24節を終えてJ2最多失点となる40失点を喫しており、J2・J3入れ替え戦出場圏となる21位に低迷している。富山在籍時はクラブのJ2残留に大きく貢献した福田の北九州での活躍に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/23(土) 9:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報