ここから本文です

知っているとかなりツウ! セレブ愛用のインポート水着をリサーチ

ELLE ONLINE 7月23日(土)22時0分配信

大胆なカッティングやフレッシュな色づかいが特徴のインポート水着。そこで、セレブが愛用しているフォトジェニックな水着を調査! セレクトショップを中心に、日本でも取扱いが増えているから注目してみて。

セレーナ・ゴメス/Lisa Marie Fernandez(リサ マリー フェルナンデス)

夏の午後にピアノで遊ぶ姿が、ノスタルジックな気分を誘うセレーナの水着ショット。パフスリーブとボーダーのレトロなデザインがムードにぴったり。人気スタイリストが自身の名前を冠して立ち上げた水着ブランドは、ヨーロッパを中心にファッショニスタからの支持が厚い。袖つきのガーリーなデザインから、ネオプレン素材を使ったアスレジャーなものなど、タウンユースも出来そうなほどウェアラブル。

ベラ・ハディッド/Bruna Malucelli (ブルーナ マルセリ)

名前を入れるビスポークサービスが新しい、ブラジリアンビキニブランド「ブルーナ マルセリ」のワンピースがお気に入りのベラ。自分のではなく、姉・ジジの名前をチョイスするあたりがお茶目!

テイラー・スウィフト/For Love&Lemons(フォー ラブ アンド レモンズ)

カルヴィンとラブラブだったころに撮影された、テイラーの色っぽショット。素肌にレースをまとったようなドキッとさせる水着は、「フォー ラブ アンド レモンズ」によるクチュールライクなアイテム。テイラーと言えばハイウエストのレトロビキニが定番だったけれど、今年はぐんとマチュアに成長した様子。

ベハティ・プリンスルー/Marysia Swim(マリシア スウィム)

ベハティのほかにも、エルザ・ホスクらなどおしゃれモデルが着用写真をしばしばインスタにアップ! スカラップエッジのスウィムウェアといえば、このブランド。元バレエダンサー、現サーファーというユニークな経歴のデザイナーが手掛けているだけあって、シルエットと機能面のどちらをとっても申し分なし。

キャンディス・スワンポール/She Made Me(シー メイド ミー)

トレンドのクロッシェ編みのビキニを探しているなら、オーストラリア発の「シー メイド ミー」をリコメンド。ニュアンスカラーのニットで編まれたビキニ&ワンピースが、こなれた大人のムード。キャンディスはこの水着を着用して、マタニティビーチスタイルを披露。

カイリー・ジェンナー/DI$COUNT UNIVERSE(ディスカウント ユニバース)

ラメ、スパンコール、ロゴと、とにかく目を引くデザインで、エッジィ系セレブやブロガーに人気のオージーブランド。カイリーのOKINIは、バストトップで主張するキラキラのサードアイ付きビキニ。

ポピー・デルヴィーニュ/SOLID & STRIPED(ソリッド アンド ストライプト)

NY発の「ソリッド アンド ストライプト」は、その名の通りストライプやボーダー、チェック、バイカラーなど、ボールドな色づかいとクラシックなシルエットをミックス。コラボコレクションを手掛けたポピーは、もちろんココの水着を愛用。大人レトロなワンピースや、ボウつきビキニがとびきりキュート!

スキ・ウォーターハウス/Pistol Panties(ピストル パンティーズ)

スキのようなガーリー&タッキーなスタイルがお好みのガールにオススメ! スウィンギングロンドンやヴィンテージといった、イギリス好きにはたまらないレトロなプリントと、クラシカルなシルエットをコンビネーション。海でブリットガールを気取るなら。

from ELLEgirl

最終更新:7月23日(土)22時0分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。