ここから本文です

ロペス、ストレート勝ちで2年連続ベスト4進出<男子テニス>

tennis365.net 7月23日(土)15時1分配信

スイス・オープン・グシュタード

男子テニスのスイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、クレー、ATP250)は22日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのF・ロペス(スペイン)が世界ランク157位のE・ウマー(スウェーデン)を6-4, 7-6 (7-2)のストレートで下し、2年連続のベスト4進出を果たした。

ロペス、ブライアン兄弟破りGS初優勝

初対戦となったこの試合、ロペスはファーストサービスが入った時に82パーセントの確率でポイントを獲得し、1度のブレークに成功して第1セットを先取。続く第2セットでは両者サービスキープのままタイブレークに突入するも、先に主導権を握ったロペスがポイントを連取し、1時間46分で勝利した。

準決勝ではD・ブラウン(ドイツ)と対戦。両者は今回が初の顔合わせとなる。ブラウンは、同日の試合で第7シードのM・ユーズニー(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

世界ランク21位のロペスは、過去のスイス・オープン・グシュタードで2006年に準優勝を飾っている。

今年の全仏オープンにはM・ロペス(スペイン)とペアでダブルスに出場し、決勝でB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組をフルセットで下してグランドスラム初優勝を飾った。

また、同日の試合ではロペスとブラウンの他に、第8シードのP・H・マチュー(フランス)とR・ハーセ(オランダ)が4強入りを決めた。

tennis365.net

最終更新:7月23日(土)15時1分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]