ここから本文です

JR川越線で運転見合わせ…運休も 踏切付近でタンクローリー脱輪

埼玉新聞 7月23日(土)22時4分配信

 23日午前11時5分ごろ、埼玉県日高市高萩のJR川越線武蔵高萩―高麗川間の踏切付近で、タンクローリーが脱輪して立ち往生した。

 JR東日本大宮支社によると、車両の一部が踏切内に掛かっていたため、レッカー車でタンクローリーを移動させた。川越線は川越―高麗川間の上下線で運転を見合わせ、午後2時15分ごろ運転を再開。11本が運休し、約1600人に影響が出た。

最終更新:7月23日(土)22時4分

埼玉新聞