ここから本文です

バシラシビリがグルジア人初のツアー決勝進出 [キッツビューエル/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月23日(土)12時4分配信

 オーストリア・キッツビューエルで開催されている「ゼネラリ・オープン」(ATP250/オーストリア・キッツビューエル/7月18~23日/賞金総額46万3520ユーロ/クレーコート)の準決勝で、ニコラス・バシラシビリ(グルジア)が第6シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-3 6-1で下し、ATP大会の決勝に進出した初のグルジア人プレーヤーとなった。

「これは特別な出来事だ」と世界ランキング123位のバシラシビリ。「僕はこのために懸命にハードワークを積んできた。アグレッシブに試合を始め、素晴らしいプレーができたと思う」。

 キャリア初の準決勝をプレーしたバシラシビリは、第1セット4-3からラヨビッチのサービスをブレークしたあと、試合を完全にコントロール下においた。グラウンドストロークで圧倒し、3度相手のサービスをブレーク。最後の10ゲームのうち9ゲームを取って、力強く試合を締めくくった。

 バシラシビリは決勝で、世界48位で第4シードのパオロ・ロレンツィ(イタリア)と対戦する。ロレンツィはもうひとつの準決勝で、12本のマッチポイントを逃しながらも地元のジェラルド・メルツァー(オーストリア)を7-6(4) 7-6(13)の激戦の末に下して勝ち上がった。ジェラルドは元世界8位のユルゲン・メルツァー(オーストリア)の弟だ。

 ロレンツィは第1セットで2-5とメルツァーにリードされ、4本のセットポイントをしのがなければならなかった。第2セットでは5-4から6本のマッチポイントを決め損ね、さらにタイブレークでも6本を逃したが、最後にやっと勝利をつかむことに成功した。

 この試合は第2セットでロレンツィが4-3とリードしたところで、雨のため2時間近く中断されている。

 キャリア初タイトルを目指す34歳のロレンツィは、2年前にサンパウロでフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)に敗れて以来、2度目のATP決勝に挑む。

地元対決、ケガから復帰のメルツァーが9位ティームを倒す [ゼネラリ・オープン]

 第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第2シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)、第3シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン)がそろって初戦で敗れた今大会は、ロレンツィが勝ち残っている中でもっともランキングが高い選手だ。

 107位のジェラルド・メルツァーはキャリア初の決勝進出を逃したが、ここまでの活躍によって、来週更新されるATPランキングで初めて100位以内に入ることになる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 18: Nikoloz Basilashvili of Georgia plays a backhand in his first round match against Roger Federer of Switzerland during day one of the 2016 Australian Open at Melbourne Park on January 18, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

最終更新:7月23日(土)12時4分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]