ここから本文です

岐阜の監督に就任した吉田氏「ラモス監督が岐阜に根付かせてくれたサッカー文化を絶やさない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/23(土) 11:30配信

新たなチャレンジの意気込みを語る

FC岐阜との契約が解除されたラモス瑠偉監督に代わり、同クラブの指揮官を務めることが決まった吉田恵新監督が22日、就任記者会見で新たな挑戦の意気込みを語った。

24節を終えて最下位から4ポイント差の18位に低迷する岐阜は22日、ラモス監督との契約を解除したことを発表。後任はトップチームのコーチを務めていた吉田恵氏に決まった。2014年にもサガン鳥栖でコーチから監督への“昇格”を経験している吉田氏は岐阜の監督就任に際し、「チームはいま非常に厳しい状況ですが、ラモス前監督がこの岐阜にここまで根付かせてくれたサッカー文化やスポーツ文化を絶やさないように、さらに発展、向上させていけるように頑張っていきたいと思います」とコメントしている。

また同氏は、今回の監督交代劇について、「ここ最近は負けが込んでしまって勝ちにつなげられていないですが、試合内容を見ると以前の負け方と違っていて、これを続けていけば、もう少しで結果が出るのではないかと感じていたので、監督就任の依頼には、率直にいって驚きました」とコメント。それでも監督就任を引き受けた同氏は「チームは苦しい状況ですが、何とか岐阜のために力になれる部分があるのであれば監督という立場でチームを残留させれるようにチャレンジしようと決断しました」と語った。

吉田体制の初戦は25日の月曜日、首位を走るコンサドーレ札幌と敵地で対戦する。吉田新監督はこの難しい一戦で結果を残すことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/23(土) 11:30

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革