ここから本文です

【ブラジル】亜国のキャンピングカー族 早くもリオに到着

サンパウロ新聞 7月23日(土)4時25分配信

 2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)開催時、隣国アルゼンチンの多くのサッカーファン達はキャンピングカーでブラジルへやって来た。そして今、五輪開幕を8月5日に控えたリオ市には、早くもキャンピングカーに乗ったアルゼンチン人達が到着し始めているという。

 20日付伯メディアによると、リオ市内コパカバーナ地区の駐車スペースでは19日夕方の時点で、アルゼンチンからやって来たキャンピングカー数台が確認された。

 14年のW杯時には、コパカバーナ地区のアトランチカ大通りはアルゼンチンのナンバープレートをつけたキャンピングカーで埋め尽くされた。しかし、今年はどうやら、彼らがコパカバーナにとどまることはできないようだ。市当局によると、7月末日まではキャンピングカーも一般の車と同様にコパカバーナに駐車することができるが、8月1日~9月19日の期間は、キャンピングカーを停めることができる駐車スペースはニテロイ地区に限定される。

サンパウロ新聞

最終更新:7月23日(土)4時25分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。