ここから本文です

ロペス、マチューらが準決勝進出 [グスタード/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月23日(土)13時2分配信

 スイス・グスタードで開催されている「スイス・オープン・グスタード」(ATP250/7月18~24日/賞金総額46万3520ユーロ/クレーコート)の準々決勝で、第1シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)がエリアス・ウマー(スウェーデン)を6-4 7-6(2)で下して準決勝に駒を進めた。ロペスは次にダスティン・ブラウン(ドイツ)と対戦する。

ロペスはリオデジャネイロ五輪に出場せずツアーを優先

 世界157位で20歳のウマーは4度マッチポイントをしのいだが、そこまでだった。

 99位のブラウンは2013年大会の優勝者である第7シードのミカエル・ユーズニー(ロシア)を6-4 6-4のストレートで下して準決勝へ勝ち進んだ。

 予選を勝ち上がった110位のティアゴ・モンテイロ(ブラジル)は未消化の2回戦にようやく、けりをつけたものの準々決勝で敗れた。2回戦で第2シードのジル・シモン(フランス)を6-2 6-4で破ったが、準々決勝ではロビン・ハッサ(オランダ)に6-7(2) 5-7で敗れた。

 もうひとつの準々決勝はシード対決となり、第8シードのポール アンリ・マチュー(フランス)が第3シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を4-6 6-3 6-4で破った。マチューが準決勝で対戦するのはハッサだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Feliciano Lopez of Spain looks on during the Men's Singles third round match against Nick Kyrgios of Australia on Middle Sunday of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7月23日(土)13時2分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。