ここから本文です

【MLB】田中将大、ジ軍に6回無失点の好投も8勝目お預け 降板後に追いつかれる

Full-Count 7/23(土) 11:08配信

バムガーナーとの投げ合いで力投も8勝目ならず、ヤ軍は終盤勝ち越しで勝利

 ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)の本拠地ジャイアンツ戦で6回4安打無失点の好投を見せたが、降板後に追いつかれて8勝目はならなかった。8回に勝ち越しに成功したヤンキースは3-2と競り勝った。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 相手は現在ナ・リーグ西地区首位を走る強豪。エース左腕バムガーナーとの投げ合いとなった一戦で田中が力投を見せた。

 いきなり1点のリードを受けた初回裏を3者凡退に仕留める上々の立ち上がり。打線がさらに1点を奪った直後の2回は先頭の4番ポージーに四球、5番クロフォードに右前安打を許して一、二塁としたが、続くギラスピーをスプリットで空振り三振に仕留めるとパーカーをセンターライナー、ペーニャをショートゴロに打ち取った。

 3回にも無死一、三塁のピンチを迎えたものの、2番パガンのライトフライに右翼ベルトランが本塁へ好送球。三塁走者の生還を阻止した。

 味方の好守に助けられた田中は4回にも1死満塁の危機を招いたが、8番ペーニャを捕邪飛に打ち取ると、続くブランコを95マイル(約153キロ)の速球で空振り三振に仕留めて点を与えない。その後、5回、6回と3者凡退に仕留めて降板した。

 しかし7回にベタンセス、8回にミラーが1点ずつを失い、田中の白星が消滅。それでもヤンキースは8回裏に相手のエラーも絡んで勝ち越しに成功し、何とか競り勝った。

 中4日での登板だった田中はこの日83球を投げてストライクは55球、4安打4奪三振2四球無失点で防御率3.00となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/23(土) 11:32

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]