ここから本文です

右足首捻挫のバンデウェイ、涙流し無念の途中棄権<女子テニス>

tennis365.net 7月23日(土)20時21分配信

バンク・オブ・ウエスト・クラシック

女子テニスのバンク・オブ・ウエスト・クラシック(アメリカ/スタンフォード、ハード、WTAプレミア)は22日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードのC・バンデウェイ(アメリカ)はA・リスケ(アメリカ)と対戦したが、第2セットの第2ゲームで右足首を捻挫して試合続行が不可能となり、無念の途中棄権となった。

ジョコ棄権 観客から批判も

この試合、バンデウェイはリスケに2度のブレークを許して第1セットを落とす。第2セットは第1ゲームをサービスキープしたが、続く第2ゲームで右足首を捻ってしまった。

涙を流すバンデウェイは試合を続けることが出来ず、3-6, 1-0の時点で車いすに乗ってコートを後にした。

思わぬ形で4強入りしたリスケは、準決勝で第1シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する。ヴィーナスは準々決勝でC・ベリス(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

また、この日は第5シードの土居美咲(日本)も準々決勝に登場したが、第2シードのD・チブルコワ(スロバキア)にストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7月23日(土)20時21分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。