ここから本文です

仁木拓人が第1シードを倒して8強入り [金泉/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7/23(土) 16:08配信

 韓国・金泉で開催されているATPツアー下部大会の「金泉オープン・チャレンジャー」(7月18~24日/賞金総額5万ドル/ハードコート)に出場していた仁木拓人(三菱電機)は、準々決勝で第6シードのアンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)に6-4 6-7(3) 5-7で敗れた。試合時間は2時間37分。

添田豪が今季初優勝、西岡良仁は準決勝を途中棄権 [ウィニペグ・チャレンジャー]

 仁木は2回戦で第1シードのジャン・ザ(中国)を6-4 6-2で破っていた。

 そのほかの日本勢では吉備雄也(ノア・インドアステージ)、関口周一(Team REC)、内田海智(富士薬品)、越智真(江崎グリコ)、竹内研人(北日本物産)が出場。越智、関口、竹内が2回戦で、吉備と内田は1回戦で敗れている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり、Altは繰り上がり出場

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準々決勝】

●3仁木拓人(三菱電機)6-4 6-7(3) 5-7 ○8アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)[6]

------------

【シングルス2回戦】

●11越智真(江崎グリコ)1-6 1-6 ○10エダン・レシェム(イスラエル)

●13関口周一(Team REC)3-6 1-6 ○16リー・ジェ(中国)[7]

●21竹内研人(北日本物産)1-6 6-2 3-6 ○23マックス・パーセル(オーストラリア)[Q]

◯3仁木拓人(三菱電機)6-4 6-2 ●1ジャン・ザ(中国)[1]

------------

【シングルス1回戦】

●12吉備雄也(ノア・インドアステージ)3-6 1-6 ○11越智真(江崎グリコ)

○13関口周一(Team REC)6-7(1) 6-4 6-2 ●14シッダールト・ラワット(インド)[Alt]

●31内田海智(富士薬品)1-6 2-6 ○32ウー・ディ(中国)[2]

◯21竹内研人(北日本物産)7-6(4) 3-0 Ret. ●22ワン・チュハン(中国)[Q]

◯3仁木拓人(三菱電機)6-4 6-0 ●4ナム・ヒュンウー(韓国)[Q]

------------------------

【ダブルス1回戦】

●2チェン・ティ/松井俊英(台湾/ASIA PARTNERSHIP FUND)7-6(6) 3-6 [7-10] ○1サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[1]

●15吉備雄也/仁木拓人(ノア・インドアステージ/三菱電機)4-6 6-3 [10-12] ○16シェイ・チェン ペン/ヤン・ツン フア(台湾)[2]

●13関口周一/竹内研人(Team REC/北日本物産)4-6 5-7 ○14ジミー・ワン/ウー・ディ(台湾/中国)

------------------------

【シングルス予選1回戦】

●15松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)6-7(6) 3-6 ○16ダニエル・ヨー(韓国)[7]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

※写真は2014年のクアラルンプールの大会の予選での仁木拓人
大会でのPhoto:KUALA LUMPUR, MALAYSIA - SEPTEMBER 22: Takuto Niki of Japan returns a shot against Philipp Oswald of Austria at Putra Stadium on September 22, 2014 in Kuala Lumpur, Malaysia. (Photo by How Foo Yeen/Getty Images)

最終更新:7/23(土) 16:40

THE TENNIS DAILY