ここから本文です

大谷翔平、24日にブルペン待機へ 中継ぎ登板はプロ1年目以来

Full-Count 7月23日(土)12時53分配信

「難しさを言えるほど経験もしていない」

 日本ハムの大谷翔平投手が24日のオリックス戦(札幌ドーム)で中継ぎとしてブルペン待機する。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 10日のロッテ戦(札幌ドーム)での投球中に右手中指のマメをつぶし、23日の練習中に負傷後初めてブルペン入り。約30球を投げて最終調整した。あくまで先発復帰への調整がメーンとなるが、気になる患部の状態はどうだったのか。

「(ブルペンで)ボチボチ力を入れて投げました。感触は悪くはなかったですし、十分に投げられる感じかなと思います。特に気にしても仕方ないですし、試合で投げたら抑えられるように頑張りたい」

 中継ぎ登板は、プロ1年目の13年8月18日のソフトバンク戦以来。剛腕にとっては慣れない試合途中からの投球となる。

「どんな状況で投げるか分からないですけど。(中継ぎを)そんなにやったこともないので、難しさを言えるほど経験もしていない。しっかりと仕事が出来るように頑張りたいなと思います」

 24日の同カードではドラフト2位の加藤貴之投手が先発する。剛腕のイニング数は未定だが、どのような投球を見せるのか。「中継ぎ・大谷」の快投に期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月23日(土)13時0分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]