ここから本文です

“絶対支配“のスペインをもう1度 スペイン代表新監督「攻守両面において支配することを目指す」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月23日(土)14時10分配信

チームを立て直せるか

ビセンテ・デル・ボスケに代わってスペイン代表の指揮官に就任したフレン・ロペテギは、どんなチームを築いていこうと考えているのか。スペインは2014ワールドカップから苦しい時間が続いており、EURO2016でもイタリア代表に敗れてしまった。

何かを変えないといけないのは明らかだが、ロペテギはスペイン代表のベースでもある「支配」を捨てるつもりはない。スペイン『MARCA』によると、ロペテギは攻守両面においてゲームを支配することが目標だと語り、システムなどにはとらわれない自由なスタイルを目指しているようだ。

「指揮官として、私は全てのゲームで攻守両面において支配することを目指す。フットボールでは、もはやシステムはそれほど重要ではない。本当に重要なのはスタイルと意思決定だ。」

近年のスペインはボールを保持していてもなかなか崩すことができず、カウンターなどから失点して敗れるケースが目立つ。攻守両面とも見直す必要があるのは明らかだろう。ロペテギはポルトを率いてチャンピオンズリーグでバイエルンを苦しめるなど印象的な仕事をしてきたが、どこかおかしくなってしまったスペインを立て直せるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月23日(土)14時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。