ここから本文です

徳島加入の元カメルーン代表10番、自身の武器は「フィジカルと負けず嫌い」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月23日(土)15時10分配信

J2で得点量産なるか

徳島ヴォルティスに加入することが決まったFWアチーレ・エマナが21日、徳島スポーツビレッジで行われた加入記者会見で新天地での意気込みを語った。

現在34歳のエマナはフランスのトゥールーズでプロのキャリアをスタート。その後、スペインやメキシコなど様々な国でプレイしており、2010年のワールドカップではカメルーン代表で10番を背負っている。2016年7月から徳島に加入することが決まった同選手は21日、記者会見に出席して自身の強み、そして武器について「一番の強みはフィジカルの強さだと思います」とコメント。「もう一つはメンタリティの部分で、とにかく勝ちたいという負けず嫌いのところだと思うので、そういった部分をチームに浸透させていければ良いと思っています」と語っている。

また同選手は徳島の印象について、「まだ細かいところまではゲームを確認できていませんが、ディフェンスラインが3バックになっているなどの情報は聞いています」と話しながらも、「しかし、一番大事なのはフォーメーションではなくて、チームがその中で上手く機能していくがだと思うので、システムだけではなく、自分が一人の選手として適応できるように努めていきますし、これまでの経験の中で、あらゆるポジション、あらゆる戦術、あらゆる監督の下でプレイしてきたのでどんなサッカーであっても対応できると思います」と新たなチャレンジに闘志を燃やした。

頼もしい助っ人が加入した徳島は現在24節を終え、13位につけている。2010年はワールドカップで日本代表とも対戦したエマナは、クラブを2014年以来となるJ1の舞台へと導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月23日(土)15時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合