ここから本文です

【高校野球】神奈川大会3回戦、横浜創学館vs茅ヶ崎

Full-Count 7/23(土) 16:02配信

横浜創学館が4回戦へ

 22日、点灯ゲームとなったサーティーフォー保土ヶ谷球場での第2試合、横浜創学館-茅ヶ崎。横浜創学館・川井啓徳、茅ヶ崎・小柳駿哉の両先発で始まった試合は、序盤は静かな立ち上がりとなった。

 だが3回裏、横浜創学館の打順が二周り目に入ると、先頭の1番・伊藤秀和がレフトへホームランを放ち1点を先制。続く2番・松岡侑佑はヒットで出塁。1死となった後で4番・佐藤優斗がレフトへヒットを放ち、一、二塁とすると、続く5番・佐藤未来人の打球はぐんぐん伸びてセンターへ。茅ヶ崎センターが濡れた芝に足を取られる間に2人が生還。2点タイムリースリーベースとなりこの回3点の先制に成功する。

 横浜創学館はこれまで1回戦の横浜商大高との強豪対決を逆転サヨナラ3ラン、2回戦はコールド勝ちと、打撃にスポットが集まりがちだったが、この日は先発・川井の出来が良かった。キレ、コントロールとも高いレベルにあり、茅ヶ崎打撃陣はチャンスすら作れずにいた。

 だが6回裏、守備から少し流れが変わり始める。横浜創学館、先頭の9番・山崎翔也の鋭い当たりがライトへと抜けるかと思いきや、茅ヶ崎セカンド・原海晴が横っ飛びでキャッチ。さらに素早く起き上がりファーストへ送球しアウトにするファインプレーを見せる。その後四球を出すも後続を断つ茅ヶ崎。ジワリとその守備の勢いを攻撃にも見せ始める。

 続く7回表、茅ヶ崎は先頭の4番・渡部直哉がヒットで出塁。5番・山本裕希がバントを決め得点圏に。2死となった後、代打・山田洋輔がショートへの内野安打で出塁し、2死一、三塁に。続く代打・江川陵の打席で三塁走者の渡部がホームスチールを敢行。見事成功させ茅ヶ崎が1点を返す。

 さらに8回表、茅ヶ崎は先頭の9番・原が四球を選び出塁。2死二塁となった後、3番・加藤が四球を選び2死一、二塁とチャンスを広げる。ここで打順は2打席連続ヒットの4番・渡部となったが、センターフライに倒れ得点には至らなかった。

 するとその裏、横浜創学館は2死一、三塁から3番・城ヶ峰智也がタイムリーを放ち、追加点。再びリードを3点に広げると、そのまま9回裏の茅ヶ崎の攻撃を三者凡退に抑えゲームセット。4-1で横浜創学館が逃げ切りに成功した。

(記事提供:高校野球ドットコム)

高校野球ドットコム編集部●文

最終更新:7/23(土) 16:09

Full-Count