ここから本文です

A・ゴメス、アルダ、ラキティッチ…… バルサの豪華すぎるインサイドハーフをエンリケはどうするのか

theWORLD(ザ・ワールド) 7月23日(土)20時40分配信

中盤を担当できる選手が増える結果に

先日バレンシアからMFアンドレ・ゴメスの獲得を発表したバルセロナは、中盤の人員が非常に豪華になった。昨季はラフィーニャが負傷するなど人材不足を感じさせる部分もあったが、逆に今夏の補強で中盤は人員が溢れ返っている。

スペイン『MARCA』もインサイドハーフを担当する選手が増えすぎていることを伝えており、指揮官ルイス・エンリケとクラブが今後どう動いていくのか注目している。

昨季までの活躍を見れば、インサイドハーフはアンドレス・イニエスタとイヴァン・ラキティッチが先発に入るだろう。特にイニエスタはバルサの中盤に特別なアイディアを加えてくれる選手で、イニエスタに代わる選手など世界を探してもそうは見つからない。

同メディアはラキティッチと新加入のゴメスがポジションを争うことになると伝えているが、他にも中盤を担当できる選手はいる。まず昨季印象的なパフォーマンスを見せられなかったアルダ・トゥラン、負傷で離脱していたラフィーニャ、さらにはビジャレアルから戻ってきたデニス・スアレス、サイドバックなど複数ポジションをこなせるが、セルジ・ロベルトも中盤を担当できる選手だ。

相変わらずアンカーのセルヒオ・ブスケッツに代わる選手はいないものの、インサイドハーフを担当できる選手が7人もいる状態となった。ラフィーニャ、デニス・スアレスはウイングでも起用することが可能だが、エンリケは7人をどう扱っていくのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月23日(土)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]