ここから本文です

【MLB】イチロー3000本へ、本拠地は“金字塔ムード”一色 10連戦で達成に期待!

Full-Count 7月23日(土)20時29分配信

ファン必携の応援グッズ「うちわ」&「応援ボード」で客席が真っ白に染まる

 マーリンズのイチロー外野手は、22日(日本時間23日)の本拠地メッツ戦に代打で出場し、空振り三振に終わった。メジャー通算2996安打で、3000安打へは「4」のまま。カウントダウンは進まなかったものの、マーリンズ・パークは背番号51が登場しただけでスタンディングオベーションが沸き起こるなど大盛り上がり。31日(同1日)までの本拠地10連戦での金字塔到達へ、地元ファンの期待は高まっている。

MLBの歴史に残るイチローの安打と盗塁数…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50

 1点を追う8回、無死走者なしで中継ぎ右腕バラクロウの代打としてイチローが登場した。名前がコールされた瞬間、マーリンズ・パークは大歓声に包まれる。観客が次々と立ち上がり、やがてスタンディングオベーションに。地鳴りのような大歓声が、本拠地に響いた。

 さらに、どこからともなく「イチローコール」が沸き起こる。イチローは右腕リードに対して2球で追い込まれると、3球目の膝下へのスライダーを振りにいった。途中でバットを止めたものの、スイングの判定で空振り三振。大歓声は大きなため息に変わった。

 観客席ではほとんどのファンが特製「うちわ」を掲げ、真っ白に染まった。表はイチローの顔写真、裏は白色に「ICHIRO ROAD TO 3000」の文字が入った“応援グッズ”だ。さらに、イチローが打席に入る際にバットを立てる独特のルーティンの写真を使った応援ボードを持つファンの姿も。マーリンズは大記録達成を後押しするため、球場内でこの2つのグッズをオールスター前から配布している。

国境を越えた声援飛び交う マイアミで偉業達成で球場のボルテージは最高潮に!

 マイアミはまさにイチローの“金字塔ムード”一色。本拠地での3000安打達成に向けて、異様な雰囲気に包まれている。“ベネズエラ出身”という両親と子供2人の4人家族も、2つの応援グッズを手に背番号51に声援を送っていた。この日は凡退に終わったものの、史上30人目の偉業を待ち望んでいるのは日本人だけではない。国境を越え、米国はもとより中南米出身のマーリンズファンも、背番号51のついたレプリカユニホームを来て球場に集まり、尊敬の念を込めて声援を送っている。

 この日から本拠地10連戦がスタート。マイアミで3000安打到達となれば、マーリンズ・パークのボルテージが最高潮に達することは間違いない。残り4本。数々の偉業を達成してきたイチローのバットに、今まで以上に注目が集まっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月23日(土)20時29分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報