ここから本文です

日米200勝に王手の広島・黒田 7回無失点で勝利投手の権利を持って降板

Full-Count 7/23(土) 20:41配信

王手から2連敗中のベテラン41歳、3度目の正直へ打線が援護

 広島の黒田博樹投手が23日の阪神戦(マツダスタジアム)に先発し、7点リードの7回5安打9奪三振無失点で、勝利投手の権利を持って降板した。日米通算200勝に王手を掛けながら最近2連敗中だったベテランが、本拠地で気合の入った投球を披露した。

 先頭緒方にセンター前ヒットされて始まったこの試合。初回は2死一、二塁と得点圏に走者を置いたが、5番ゴメスを遊撃ゴロに仕留めて無失点スタートとした。

 2回以降は低めに集める制球で、ツーシームを駆使しながら、テンポよくアウトを重ねた。6回こそ2死から福留への四球、ゴメスのライト前安打で一、二塁とするが、ここで鳥谷をツーシームで見逃し三振とし、無失点を続けた。

 7回も再び2死一、二塁の場面を迎えたが、ここでも荒木を内角ツーシームで見逃し三振。200勝達成を心待ちにする本拠地ファンから大歓声が上がった。

 ベテランの力投に打線も応える。初回に4番ルナが先制3ラン。3回にも打線がつながりを見せて、5安打で4点を追加、3度目の正直に挑む黒田を後押しした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/23(土) 20:41

Full-Count