ここから本文です

西武メヒアのファウルフライ捕球を報道関係者が妨害? ソフト内川が憮然

Full-Count 7月23日(土)20時45分配信

スタッフが我が身を守ろうと掲げたボードがファウル球に接触

 ソフトバンク-西武の7回、西武メヒアの一塁カメラマン席に飛んだファウルボールを、報道スタッフが捕球妨害するアクシデントが起きた。

 1-0の緊迫した展開。1死一塁からソフトバンク森の投げた力強いボールを、メヒアは一塁へファウル。飛球をソフトバンクの内川が懸命に追った。

 落下点は報道カメラマン席。内川はグラブを伸ばし、捕球寸前だったが、カメラマンの背後にいたスタッフが自身の体を防御しようと、手持ちのボードのようなものを掲げてしまった。すると、そのボードが内川のグラブよりも先にボールに当たってしまうアクシデント発生。内川は捕球できず、ファウルになってしまった。

 強打者を打ち取れるチャンスを逃した内川の表情には、怒りがこみ上げていた。なお、メヒアはその後、粘ったが、空振り三振に倒れた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月23日(土)20時45分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。