ここから本文です

DeNAが終盤に逆転 4連勝で2位巨人に0.5差肉薄 広島追撃へ

Full-Count 7/23(土) 21:44配信

6回に代打起用が的中! 代打3連打で同点→桑原の2点適時打で勝ち越し成功

 後半戦、波に乗るDeNAが2位巨人に逆転勝利。4連勝を飾り、ゲーム差を0.5差とした。24日の試合で勝利すれば2位に浮上する。

 試合の流れをたぐりよせた。6回表にリードを3点に広げられてもチームは諦めていなかった。巨人先発の大竹寛から筒香、倉本がヒットで1死一、二塁の好機を作った。そこでラミレス監督が動いた。代打に送られた宮崎が右前打で満塁とすると、続く代打・下園が巨人2番手の山口から右前タイムリーで1点を奪った。

 巨人の投手が3番手・宮国に代わっても勢いは止まらない。今度は白崎が左翼線二塁打を放ち、同点に追いついた。お立ち台に上がった白崎は「本当にみんなが作ってくれたチャンスだったので積極的に行こうと思っていました」と気持ちを込めて、打った。打球は左翼線を襲い、ファウルになるか不安だった。「ファンのみなさんの声援がフェアにしてくれました」とベイスターズファンに感謝した。

 代打の3連打で同点に追いつくと、今度はスタメンの桑原が左翼へ2点タイムリー。6-4と勝ち越した。白崎とともにお立ち台にたった桑原は「勢いのままいこうと思いました。白崎さんが打ってくれたのでだいぶ楽になりました」と喜んだ。

 巨人戦3連勝がかかる次戦。白崎は「ファンのみなさんの大きな応援が力になる。明日も引き続き、大きな応援よろしくおねがいします」と叫ぶと、スタンドのファンから大歓声があがった。リリーフ陣が踏ん張ったのも大きかった。広島追撃へ、DeNAが勝負強くなってきた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/23(土) 23:19

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。