ここから本文です

アロンソ「PU交換は残念だが後退はしていない。Q3に進める」:マクラーレン・ホンダ ハンガリー金曜

オートスポーツweb 7月23日(土)15時52分配信

 2016年F1ハンガリーGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは7位/7位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 
■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ フリー走行1=7位/2=7位
 初日から僕の方のガレージはとても忙しかった。ふたつのセッションの間にパワーユニット交換を行ったんだ。僕自身はFP1でエンジンに何の異常も感じなかったけれど、セッション後、データに異常が表れていたので、ホンダはFP2に向けて交換することを決めた。 
 
 今日はまずまずの位置につけることができたけれど、明日のなりゆきを見ていく必要がある。セットアップをはじめとして、改善すべきことは山のようにあるが、いくつかアイデアはある。
 
 明日は予選Q3に進出するため、全力で戦う。ここ数戦のなかで何度か達成しているから、チャンスはあると思う。
 
 このコースはオーバーテイクがとても難しい。だからできるだけ上位グリッドからスタートすることが極めて重要なんだ。

 
(F1iに語り)最初のセッションは順調で、何も問題なかったが、テクニカルミーティングをしていたら、ホンダのエンジニアがやってきて、パワーユニットを交換した方がいいと言った。オーストリアとアゼルバイジャン(など)で使ったものに戻した。FP2で問題なく動いていたので、明日もこのエンジンで走る。
 
 シルバーストンの1戦で使っただけのパワーユニットを交換しなければならないというのは、もちろん残念なニュースだけれど、別に後退ではない。よくあることだ。
 
 今日は7位だったけど、これからどうなるかだね。シルバーストンでも(プラクティスで)いい位置にいて、Q3に進出し、10位を獲得した。今回もQ3をかけて戦えると思う。
 
 予選になれば、他のクルマ、特にメルセデス勢はエンジンをフル活用して、大きく前進してくるだろう。でもここはエンジンの重要度が比較的低いから、彼らのアドバンテージはさほど大きくはなく、僕らはいい位置にとどまれるのではないかと期待している。
 
 明日もQ3に進めると思う。達成できると楽観的に考えているよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月23日(土)15時52分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]