ここから本文です

SGT SUGO:GT300はBRZがレコード更新で首位発進も、終盤にクラッシュ

オートスポーツweb 7月23日(土)11時54分配信

 スーパーGT第4戦は23日、スポーツランドSUGOで公式練習が行われ、GT300クラスはSUBARU BRZ R&D SPORTがトップタイムをマークした。なおBRZはセッション終盤にSPコーナーでコースオフ。マシンにダメージを負い、けん引されてピットへ戻っている。

 5月に行われた第2戦富士から、2カ月以上のインターバルを経て、迎えた第4戦。この週末、最初のセッションは曇り空のなか、気温20度、路面温度25度というコンディションでスタートした。

 セッションは定刻の9時15分にスタート。序盤はマザーシャシー勢の1台、UPGARAGE BANDOH 86が1分18秒910でトップに立っていく。セッション開始20分を経過したところでは、JMS LMcorsa 488 GT3が1コーナーでスピン。グラベル手前のランオフエリアでストップしたが、すぐにコースへ復帰している。

 セッションが始まって30分が経とうかという9時41分ごろ、前戦勝者のB-MAX NDDP GT-Rがピットイン。トラブルか、ガレージに頭からマシンを入れてしまった。

 走行開始から40分を経過した時点で、トップは山内英輝が操るSUBARU BRZ R&D SPORT、2番手に松井孝允のVivaC 86 MC、3番手に中山友貴のUPGARAGE 86とJAF-GT勢がトップ3を独占。この3台のみが1分18秒台に突入している。4番手はGAINER AMG、5番手にLEON CVSTOS AMG-GT、6番手に31号車TOYOTA PRIUS apr GTとなる。

 そしてGT300クラスの専有走行直前、SPコーナーで山内からステアリングを引き継いだ井口卓人操るSUBARU BRZがSPコーナーでスピン。イン側の縁石に乗り、大きく跳ねながらアウト側のスポンジバリアに衝突してしまった。このクラッシュの影響で、今週末最初の赤旗が掲示。BRZはリヤウイングが外れかかるなどダメージを負い、FROにけん引されてピットに向かっている。

 セッションは10時47分にGT300専有走行から再開。グリーンフラッグと同時にGT300マシンは一斉にコースインしていく。ここでは専有走行終了間近に、5番手につけていたLEON AMGが蒲生尚弥のアタックで1分18秒954までタイムアップ。4番手に浮上している。

 しかし、トップのBRZのタイムを更新するマシンは現れないまま、セッションは終了。2番手にVivaC 86、3番手にUPGARAGE 86が続き、改めてテクニカルなSUGOとの相性の良さをみせつけた。ただ、BRZがどの程度のダメージを負っているかは気になるところ。

 また、トップから5番手GAINER AMGがコースレコードを更新するタイムを記録している。なお、マザーシャシー勢の1台、シンティアム・アップル・ロータスはこのセッションでわずか7周のみ。セッションの大半をガレージで過ごしている。  

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月23日(土)12時6分

オートスポーツweb